トピックス
地区社協訪問記トピックス
更新日2012/11/05
☆神北地区社協「ふれあいお楽しみ会」☆
秋晴れの気持ちの良い11月1日、六角橋地域ケアプラザにて「神北地区社協 ふれあいお楽しみ会」が開催されました!
年に2回行われているこのお楽しみ会ですが、毎回様々なゲストが来られ、参加者の皆さんもとても楽しみにされている会です。
今回は、何と約100名の方が参加されました!

ゲストは、音楽療法士の深野先生です。 普段は、高齢者施設等で活動されているとのことでした。
    

音楽療法とは、音楽を聴いたり歌ったりすることにより、気分転換や情緒の安定がされるという効果があり、歌うこと自体が呼吸運動なので心肺機能を高めるという身体的な効果もあるそうです。
また、音楽に合わせて手足を動かしたり、楽器を使うことで、ちょっとしたリハビリにもなります。

深野先生の伴奏に合わせて、「里の秋」「紅葉」などの秋の歌や、「ブルーライトヨコハマ」「リンゴ村から」などの懐かしい曲目を皆さんで歌いました。
100人もの歌声は迫力があり、本当に素晴らしい歌声でした。

ただ歌うだけでなく、歌に合わせた動作をグループで考えたり、楽器を使ったりと、頭や体をフルに使い、あっという間の2時間でした。
    
2グループに分かれ、それぞれ童謡「富士山」と「もしもしかめよ」の振り付けを考えました☆

    

見るのも触るのも初めての不思議な楽器を、「リンゴの唄」に合わせて皆で順番に演奏しました☆


そして、恒例の民生委員さんによる手話ダンスです!新調された衣装で、「ふるさと」と「まほうのことば」を披露されました。
近々、被災地に行かれる神北地区民生委員さんですが、宮城県七ヶ浜町でもこの手話ダンスを踊られるとのことです。
   


最後も、恒例のビンゴ大会。今回は参加者が多かったこともあり、賞品をとれるかどうか・・で、いつもよりも盛り上がっていました。

毎回趣向を凝らして企画されている、神北地区ふれあいお楽しみ会。住民の皆さんとともに、来年度の開催を楽しみにしています☆