トピックス
地区社協訪問記トピックス
更新日2014/08/06
大口・七島地区 読売新聞配達員と連携した「児童登下校時等見守り活動」に関する協定を結びました!
7月18日(金)に、大口・七島地区社協は、読売新聞大口サービスセンターと 「児童登下校時等見守り活動」 に
関する協定を締結しました。

地域団体と新聞販売店との児童登下校時等見守り活動に関する協定は、市内初です!




   ☆大口地区社協と読売新聞との協定締結①
  (左は読売新聞大口サービスセンター渡辺所長、右は大口・七島地区社協黒川会長)




   ☆大口地区社協と読売新聞との協定締結②

協定書には、

①新聞配達を通して、大口・七島地区内に在住、または通学する児童の登下校時等の見守りを行う
②児童に異変があった時に大口・七島地区内の小学校等に通報する

この2つの内容が盛り込まれています。

締結式で大口地区社協の黒川会長は「最近、児童が巻き込まれる事件が増えている。1人でも多くの目で見守れれば、というのが今回の協定の趣旨で、そこに意義がある」とお話しされていました。