トピックス
地区社協訪問記トピックス
更新日2014/09/30
白幡仲町で防災訓練が開催されました!
真っ青な空が広がる秋晴れの9月28日日曜日に、白幡仲町プールにて毎年恒例の防災訓練が開催されました。
   
子どもから大人まで約80名の住民が集まり、3グループに分かれて消防団代6分団の指導の下、訓練を行いました。

訓練の内容は、①消火栓の開け方~ホースのつなげ方の体験 ②AED訓練 ③煙体験 ④消火器訓練 です。
   

消火栓の訓練ですが、日頃の生活の中で中々消火栓を意識して歩くことはないので、防災訓練を通じて町内の消火栓の把握をすることができたようです。
   
また、いざというときのために、マンホールの開け方からホースのつなげ方、水の放出の仕方まで、一通り皆さんに体験して頂きます。
日中は女性が地域を守っているのだから・・と、女性の方もとても積極的に体験されていました。

また、子ども会では子どもたちを集め、防災の紙芝居やクイズ、白幡小学校までの通学路の危険箇所を確認しながらみんなで歩くというプログラムを別でやられていました。
未就学の子どもたちから小学校高学年まで、みんな熱心に学び、クイズのコーナーでは元気に手を挙げて答えていました。

子どものころから「防災教育」を意識し、またこのような機会の中で子供会と町内会のつながりを作るということを意識されているのが、とても素晴らしい取り組みであると感じました。
閉会式のあとは、皆さんお待ちかねの炊き出しのお食事です。

今年は野菜たっぷりのけんちんうどんです。
前日より女性5人がかりで200人分の野菜を切り煮込まれたとのことで、出来上がったうどんはとても美味しかったです。
お代わりをする子どもたちもたくさんいました。

毎年行っている防災訓練ですが、毎年工夫をしながら町会全体で取り組んでおられることがわかりました。
また、子どもたちや若いお父さんお母さんが多く参加されていることが印象的な防災訓練でした。