生活福祉資金
生活福祉資金等の貸付

 低所得世帯や高齢者・障害者世帯などで、他から借り入れの困難な世帯に対し、生活の安定や自立を図ることを目的に、低利にて必要な資金の貸付を行う制度です。

 貸付にあたりましては、事前に十分にご相談(現況や使途、返済計画等)をさせていただきます。目的や世帯の状況により貸付の条件や内容が異なりますので、詳細につきましてはご相談ください。(目的や計画が適当でない場合は、貸付ができないことがあります)

※窓口にお越しになる場合には、できるだけ事前のご連絡をお願いします。

【貸付の種類】

総合支援資金(生活支援費・住宅入居費・一時生活再建費)

 失業などにより、生活の維持が困難になった世帯へ生活費及び必要な資金の貸付を行います。

詳しくはこちら

緊急小口資金

 低所得世帯が、緊急的かつ一時的に生計維持が困難になった場合に、少額の貸付を行います。

詳しくはこちら

福祉資金

 低所得世得、障害・高齢者世帯などに対して、資金の貸付と必要な援助を行うことによって、その世帯の生活の安定と経済的自立を図ることを目的としています。貸付から返済完了の過程で民生委員が支援を行います。

詳しくはこちら

教育支援資金(教育支援費・就学支度費)

 一定の所得以下の世帯に対して、学校教育法に定められた高等学校・大学などへの進学や通学に必要な経費の貸付を行います。

詳しくはこちら

不動産担保型生活資金

 住み慣れた自宅に住み続けたい高齢者の方に、土地・建物を担保として生活資金の貸付を行います。

詳しくはこちら